シャフトの「トルク」って何?

Multi.Axisスペック
スペックには必ず「トルク」があります

 カタログ表記に「トルク」というスペックがよくありますが、これは簡単に言うとそのシャフトの「ねじれの強度」を表しています。数値が低いほどねじれにくく、高ければねじれやすい事を意味しています。

 それではなぜこの「トルク」がシャフトにとって重要なのでしょう?

 

 一般的にトルクは大きければミスに強く、小さいとシビアなクラブになるため、よく「車のハンドルの遊び」に例えられます。

スイング中のシャフトのトルク
スイング中のシャフトのトルク

 ゴルフクラブのヘッドは構造上、スイングのトップで開くようにねじれ、インパクトで元に戻る動きをします。

 その際にトルクの大きいシャフトはねじれの幅が大きいため、多少スイングのタイミングがズレてもミスへの許容度が大きく、スイングの安定していないビギナーやアベレージゴルファーに適しています。

 逆にトルクの数値の小さいシャフトはスイングの挙動に対してシビアに動き、良くも悪くも挙動はダイレクトにクラブヘッドに伝わります。そのため、ヘッドの動きを感じながらスイングできる上級者に適しているということになります。

トルク適合表(参考)
トルク適合表(参考)※4.0を基準にお考え下さい

 また以前はシャフトの製法・構造上、硬く重くなるにつれトルクも小さくなっていきましたが、現在は技術開発もありスイングの癖に応じてシャフトを選べるようになってきました。

 例えばヘッドスピードが速く左へのミスに悩む方は、振動数が高く(固め)トルクが大きめのシャフト、右へのミスにお悩みでヘッドスピードが遅めの方は、振動数は低め(柔らかめ)でトルクが少ないシャフト、といったような選び方が可能になっています。

 リシャフトは振動数や調子だけでなく、トルクについてもご自分に多いミスに合わせてお選びいただければ、より良い結果に繋がるでしょう。