お問合せはこちら


カスタムゴルフクラブについて

CUSTOM

カスタムゴルフクラブの画像

 「ゴルフクラフト沖縄」では、これまでクラブについては精度や効果に何となく違和感や疑問を感じても、何をどうすれば良いのか分からなかったという方や、既製品のご購入しかしてこなかった方にこそ、ご自分に合わせたゴルフクラブを使って頂き、自分に本当に合うクラブを扱う楽しさや、ブランドごとの違いを知る「道具の違いに気づく」面白さを味わっていただきたいと考えております。

 ゴルフクラブのカスタムはクラブスペック診断後、リシャフトやグリップ交換、ライ角調整や重量調整などを施すことで、既製品のままよりもご自分にフィットしたゴルフクラブを手にする事が出来ます。

 ゴルフで一番重要な「自信」を持って振り抜ける、理想のゴルフクラブを創り出します!


ゴルフクラブカスタマイズの手順

STEP1. 現状を測定

ロフト・ライ角・重量・スイングウエイトなど、現状のスペックを計測致します。

これにより、お客様のクラブがどの様な状態であるかを知り、お客様の悩みの原因を見つけ出し改善のお手伝いをします。

測定工具画像

STEP2. シャフトを抜く

シャフト・ヘッドに最小限のストレスでシャフトを抜きます。

この時点でバランス調整の為の真鍮や鉛などは取り除きます。

 

作業機械画像1

STEP3. グリップを抜く

ご希望があれば、グリップの状態によりますが現在お使いのグリップを再利用することも可能です。

 

作業機械2

STEP4.クラブの重量を計る

ヘッド重量やシャフトの重量、グリップの重量などを計測し、仕上がりの目安を立てます。

※0.1g単位で測定します

計量器画像

STEP5.装着シャフトの測定

シャフトは360度均一な硬さではなく、製法上柔らかい位置・硬い位置が存在します。この固い位置をスパイン(背骨)と呼びます。

シャフトのスパインの位置を把握してシャフトを装着することで、シャフトのしなり・もどりを一定にします。

 

測定機械3

STEP6.ステップ位置の確認

ステップ位置を揃えヘッドとシャフトを仮組みし、ソケットをつけます。

シャフトの硬さがきちんとフローするように組上げます。

シャフト画像

STEP7.ヘッド・シャフトを装着

測定した数値を基にお客様に合うクラブへと組上げていきます。

作業機械4

STEP8.ロフト・ライ角を測定&調整

ウッドは接着段階でロフト・ライ角・フェースアングルなどをシャフトへの差込方向で、アイアンはネックを曲げることで調整いたします。

作業機械5

STEP9.グリップ装着

手の大きさやグリップの方法などから、最適なサイズを決め、グリップを装着します。グリップはスイング時にクラブとの唯一の接点のため、とても重要な要素です。

作業機械6

STEP10.調整後のクラブを測定

組上げ後のスペックを計測し、表にまとめお客様にお渡し致します。

測定装置画像3


取り扱いメーカー/ブランド

※ご希望のメーカー/ブランドがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

roddio concierge logo
RODDIO(ロッディオ)
日本シャフト
日本シャフト
島田ゴルフ製作所
島田ゴルフ製作所
ジオテックゴルフ
ジオテックゴルフ
エメリージャパン
エメリージャパン
トゥルーテンパー
トゥルーテンパー
ゴルフプライド
ゴルフプライド
Mitsubishi Chemical Corporation
三菱ケミカル(三菱レイヨン)
グラインドワークス
グラインドワークス
コンポジットテクノ
コンポジットテクノ
イオミック
イオミック
UST mamiya
UST mamiya
アジャパ
アジャパ
フジクラシャフト
フジクラシャフト
エリートグリップ
エリートグリップ
GRAPHITE DESIGN
グラファイトデザイン