ゴルフボールの選び方

Snell GOLF MY TOUR BALL
PRO V1, TOUR PREFERREDを開発したディーン・スネルのゴルフボール「Snell GOLF MY TOUR BALL」

 現在各メーカーから出ている多種多様なゴルフボールを、皆様はどのようにして選ばれていますでしょうか。好きなプロ選手が使用しているボールや、身近の方に勧められたボールを使用してはいませんでしょうか。もちろんそれはそれで構わないのですが、もし可能であれば様々なボールを試していただいて選ばれることをお勧めいたします。

 なぜならゴルフボールで大きく種別される「ディスタンス系」「スピン系」というのは、人によっては異なる結果を産むことがあるからです。

ボール画像
出典元:Bridgestone Sports

 一般的に「ディスタンス系」と呼ばれるボールは、ドライバーを使用した際のスピン量を減らすためにコアを柔らかくし、 硬いカバーで反発力を確保しています。一方アプローチでスピンを掛けやすい「スピン系」ボールは、柔らかめのカバーに硬めのコアを採用することで、インパクト時の反発力も確保するという構造になっています。

 実はこの構造上、「ディスタンス系」はHSが遅めのゴルファーに恩恵がある一方、HSの速いゴルファーでは逆に飛距離を落としてしまう可能性もあります。

 

ゴルフクラフト沖縄試打スタジオ
ゴルフクラフト沖縄試打スタジオ

 また上記の説明は主にコアとカバーだけの構造の2ピースボールについてであり、現在の様々な素材を複合させた3〜5ピース構造のボールでは、その要素は更に複雑になってきます。

 そのような理由から、実はプレイヤー毎のボールの初速や打出し角・スピン量といったデータを調べなければ、これだけ多種多様な中から本当にご自分に合うボールを選び出すのはとても難しい状況となっています。ただし逆に言うとデータがあれば見つけやすいとも言えます。

 そのため当店ではこれらのデータを正確に診断できる試打スタジオを完備しており、実際にデータを取ってご判断することが可能になっています。ご自分のデータが気になる方は、ぜひ一度お試しください!